FC2ブログ

記事一覧

【レポート】2015.10.28 29 Love to Eros展vol.2

前回も、非常に楽しませていただいたグループ展です。アルコールも飲めて、フォトシューティングのスペースもあって(衣装も小道具もあって)、顔を出して記念撮影できるパネルやガチャガチャもあって笑。こんな遊び心が最高だなと思います。前回、すごくラブだけどエロくないなあと思いました。私生活の関係性がそのまま出ている(セックスそのものとしても)、もしくはそんなナチュラルな関係を魅せるそれをいけないとおもいながら覗...

続きを読む

【レポート】2015.10.28 流麗線美展、ハロウィンナイト展

  銀座一丁目奥野ビル アモーレ銀座さん の、流麗線美展線描を中心とした、線を愛でる作品群。点数の多さと、丁寧に描き込まれた描写に、圧倒されました。線の動き、そして対称、規則的に見えるところにある非対称、不規則性に私は性的に惹かれるのだなと、改めて思いました。非常に、エロチックな展示。オノサヤカさんの作品が…植物と昆虫なのに…たまらなかった。✳︎和✳︎さんの連作強かな首、健気な首解る。特に、強かさ...

続きを読む

【レポート】2015.10.26 カフェ百日紅 卯月沙梨音個展「白黒夢」

東京板橋 カフェ百日紅 さんで開催中の卯月沙梨音さんの個展「白黒夢」を見に行く。白の少女と黒の少女。生々しく過度な自我、いわゆる拗らせも感じなければお人形のような無機質でもない不思議な透明感のある写真に、少しの施しを加えた作品群。綺麗で切ない。何処か別の世界を見据えている様な。そこが夢で、あそこは、どうなのだろう。箱庭のような、一対の作品が、好き。ユリさんの会期中限定のお茶 「香夢蜜」と、定番...

続きを読む

【告知】2015年 年内の出展情報

全て東京です。是非、お立ち寄りください。*11.16(月)~22(日)アモーレ銀座「ジュエル展」 * 詳細 11時~19時。初日16時から、最終日17時まで。 様々な世界観を持つ、沢山の女性作家さんのアクセサリーを展示販売しています。巡は、堕ちた花弁シリーズを中心にお出しします。奥野ビルの古めかしいエレベーターと階段は、一見の価値あり。*11.23(月祝)初台玉井病院「縛 万華鏡Muse」* 詳細13時~19時男性5000円 女性3000円フ...

続きを読む

【私物】虚空華と京都の思い出の帯留。

虚空華 入場記念のチロルチョコこれがこうなりました笑。チロルチョコがあると聞いた時からもともと、大切に封入して帯留にするつもりでした。初めてお出ししたシリーズの、「蝶の影」と、組み合わせをしたかったんです。抑えめなダークな色に仕上げました。...

続きを読む

【作品紹介】朱魅さんオーダー簪

ショーダンサーの  朱魅 さんから、 逢瀬の簪のオーダーを承りました。つるんとした瓜実顔で、柔らかく、愛らしく上品で、甘く、妖艶な朱魅さん。私が、こうなりたいと思う女性のひとり。わかみほさんが菩薩なら、朱魅さんは、弁天。一本目は、「朱魅」私のなかの朱魅さんのイメージで作りました。朱色を中心としたグラデーションの房に八角のスワロをはじめとした目出度いモチーフを。神事に携わる女性のような。華やかに、...

続きを読む

【レポート、日記】2015.10.12 京都Green&Garden有末剛、倉持伊吹二人展「虚空華」

縄と髪と墨と。肌と、視線と、衣と背景と。見えるもの、見えざるもの。施し施されるものたちの繋がりが這い、伸び、融合する。幽玄と現実。幻と真実。その境界は何処にあったのか。境界は何処にもない。ただ、無の中に、有機物が、拡がっていく。そこに、取り込まれたい。余白のさらに外に居る私は、さみしかった。伊吹さんの線は、強い反面嫋やかで有末先生の縄は主張というより俯瞰の印象。黒の力。京都初の東京縛音舞も、虚空華...

続きを読む

【委託販売】Green&Garden様にて。

こちら の通り、先日、虚空華での展示販売をさせていただきました http://green-and-garden.net  京都三条Green&Garden様で委託販売をさせていただきます。 ✳︎お品書き✳︎堕ちた花弁「蝶の影」首飾り2000円耳飾り片方1200円(左の小、右の大のみ) 堕ちた花弁「梅待ち」髪飾り兼ブローチ3200円堕ちた花弁については http://megurukinbaku.blog.fc2.com/blog-entry-5.html?sp  こちら。「緊縛手鏡」 ...

続きを読む

【作品紹介】逢瀬の簪

外すための簪です。 私は縛られ、纏め上げた髪をおろされる事へのフェチシズムを持っています。まっすぐで多い髪の毛を、一本であげることができる丈夫な簪が欲しくて作りました。さげたのは、音や動きで身体や心の動きが分かってしまうことで自分を恥ずかしめるための鈴と絹糸の房。一本1500円から。現在はイベントのみで販売しています。季節の風物詩をテーマに、私物と販売用完全一本づつ限定で季節を巡る逢瀬の簪というシ...

続きを読む

【作品紹介】堕ちた花弁シリーズ

SM用の蝋燭を垂らして、レジンで閉じ込めたりコーティングを施したアクセサリーのシリーズです。「花弁は、激情と共に肌を彩り、焼く。昼も夜も。」蝋燭も縄と同じく施された物の美しさを引き出します。そして、肌から離されてしまえば、何もなかったと同じことになってしまう。…本当は、そうではないのだけれど。手元に置いておきたい。いつも、肌の上に居て欲しい。だから、つくりはじめました。「緋い掌」秋限定、 こちら でお...

続きを読む

【レポート 長文】2015.10.14 DX歌舞伎町と、ストリップと、私。

わかみほさんの一回目吊るされた縄から自分で降りていく自分から縄を離れていき、床で縄と愛し合うその瞬間は、なんて美しく力強いのだろう。私はいつも降ろされる瞬間に駄々をこねてしまうのに自分から、自分の意思で。そこから、過去の自分がどんどんと紐解かれていきました。私が緊縛に惹かれていった原体験は、実ははっきりしないのです。私のエロスへの憧れやフェチシズムは、緊縛よりもまえにストリップにありました。子供が...

続きを読む

【作品紹介】四十八手縄入巾着

巡の名前で作家活動をはじめた頃から作っている作品です。黒の絵羽織や留袖の解きと裏に、四十八手柄の襦袢や羽裏生地を使っています。紐を縛ってしまえば、普通の和風な巾着なのですが開いた時に、隠された四十八手が覗きます。 緊縛の縄をしまう用途で作りました。10本前後入ります。もちろん、緊縛を受けるときのお着替え入れや、着付け小物入れなど万能にお使いいただけます。日常に溶け込んでいる、ハレの時。中身は、裏...

続きを読む

【作品紹介】緊縛手鏡、緊縛帯留

巡の看板商品、緊縛手鏡。手のひらサイズの二面鏡に古布をあしらい、一つ一つ亀甲縛りを施しています。お化粧直しをするまで人から見られないように(そして縄の保護のために)収納袋をお付けしました。1500円。布のままだとおぼこい少女だったり、上品な奥様だったり、トウのたった女性だったりするのですが縛り上げると、不思議と印象が全く変わります。縄を受けたおんなも同じです。日常、一人で鏡を開く時にその縄の追憶を、自分...

続きを読む

ご挨拶

緊縛的布小物「巡」と申します。日頃の緊縛好きと縄恋しさがこうじて、秘められた官能を日常側に置いておけるような大切な時間に艶を添えるような御品を作るべく布小物、アクセサリー、和装小物の制作活動をしております。東京で、主にフェティッシュ系イベントにおける対面販売ギャラリーへの出展と通信販売http://megukinbaku.thebase.inで頒布をしています。このブログでは、イベントと作品の紹介作品に秘められた物語私が普段...

続きを読む

プロフィール

巡(めぐる)

Author:巡(めぐる)
緊縛手鏡、四十八手縄入巾着、逢瀬の簪、堕ちた花弁シリーズ(蝋燭を封入したアクセサリー)をはじめとした
緊縛、和のSMがモチーフ布小物、アクセサリーを製作販売しています。
通販 http://megukinbaku.thebase.in
官能の記憶と期待を、日常に。
この世の全ては、秘するが花。
お品を介した、あなたと、私の秘密です。

緊縛イベントをはじめとしたフェチ系イベント、
美術展などのレポート
着物のこと
日記など。

稀に、緊縛モデルをつとめます。

最新コメント